スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

本当に大事なことは?

真面目に人生でも語りそうなタイトルですが、もちろんそんなわけはありません。

本当に大事なことは?

長さ、太さ、皮の有無?
Length, thickness, cut/uncut?

いつも以上に下らない話です。バカな独り言だと思って笑って許して…。

結論から言うと、私的には上の3つはどーでもいいと思います。

小指サイズって言われるとさすがに考えますけど、普通の人は勃起時に10cm以下ってことはないと思うので、そのくらいあればまったく問題なし。

大きすぎると痛くて出来ない体位とかあって、却って問題だと思います。女の人は相手のサイズに合わせて広がったりするっていう話を良く聞きますけど…どのくらい我慢してればいいのか疑問。ましてやお尻の穴が広がった日には目も当てられない気が…。

そう普通サイズが一番。

じゃあ何が大事かと言うと…ジャジャーン、

硬さ。

まあこれがどうでもいいって言う人はいないでしょう。これhardnessって言うしかない?ちなみに勃起した状態のモノはhard on。

意外と個人差があるよね?大きいと柔らかいって言う説もあるけどそれは嘘だと…。

まさかエクスかリバーとは言いませんが(笑)、とりあえず硬いにこしたことはない。

それと持久力=enduranceが大事って言う人が多いけど、私はこれには反対です。

疲れる。長々やっても疲れるだけ。遅漏より早漏の方がいいと思います。本人も自覚してて、他のテクでカバーしてくれたりということも…。

ちなみに射精=ejaculation
早漏=premature ejaculation
遅漏=delayed ejaculation

そして持久力より大事なのは…

回復力=speedy recovery

これですね。気持ち良く適度なところで終わって、一休みしたらまたしましょうww

『もしこの記事が面白いと思って頂けたら、プチッと拍手して頂ければ喜びます。ついでにランキングのボタンをプチプチ押して頂けたら、ますます嬉しい…thks! 』

にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ

スポンサーサイト

タグ : サイズ

2007/06/29 17:05 | エロ語解説COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

パレード情報2

そんなわけでプライド・パレードTVで見ました。そのうちUTSでパレードのシーンを書こうと思ってリサーチしたんです。

前に何回か行ったことがあるんですが、今年はライブでネットにのせたりしたせいか、なんか全体に普通っぽくなっててメイン・ストリーム傾向?ま、いいことなんでしょうけど。

テスタステロンが空中でバリバリ電気を放ってるようなあの感じは、TVだと出ないのかもしれません。そもそもパレードの最中って言うより、終わった後の方がなんだか凄かった。サンフランシスコに観光に行くなら、やっぱりあのパレードに合わせて一回は行くもんだろうと思います。

って私も行きたかったんですけどね。生ギャビンが見たかった…。

SF現市長、Gavin Newsomは間違いなく全米No.1のイケてる政治家でしょう。もっといい男がいるっていうなら見せて欲しいもんです。

アメリカ人が大好きなtall dark and handsome。背が高くて、髪と瞳がダーク。モデルもアクターも顔負けのイケメンで、しかもちょっとハスキーな声もとっても印象的!

部下の女性との情事のスキャンダルに続いて、本人がアル中であるってことを発表してリハビリに行ったり、最近は凄いスキャンダルの連続だったのに、いまだにSFで圧倒的な支持率で11月にある次の選挙もほぼ再選間違いなし。ギャビンに負けるの分かってるから対立候補が立たないくらい。

今年のパレードでもキャーキャー声援が飛んでました。

ああいうのをカッコいいというかsmashingって言うんだと思います。(smashingっていうのは…訳がよく分かりません。ものすごーくカッコいい?超イケてる?)

シュワ知事に潰されたけど、SFでゲイの結婚を許可したりして、ゲイ・コミュニティにも支持されてます。

でも、本人はまったくのノンケ(笑)。

そうそう市長と言えば、元NY市長のジュリアーニさん。ドナルド・トランプと一緒のとんでもないビデオがYouTubeに。食べ過ぎたからトイレで吐こうかなっていう気分の時(?)、とってもグロイものが見たい時にお勧め。



一体この画像は何のためのものなのかが良く分かりません。でも、そっくりさんじゃなくて間違いなく本人達です。ジュリアーニさんに関しては、これ以外にも女装の写真とか撮られたことがあって、割と好き(?)みたい…。それにしても一体この二人は何がしたかったんでしょう…。

『もしこの記事が面白いと思って頂けたら、プチッと拍手して頂ければ喜びます。ついでにランキングのボタンをプチプチ押して頂けたら、ますます嬉しい…thks! 』

にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ

タグ : ゲイ

2007/06/26 17:03 | ニュース・その他COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

パレード情報

今週の日曜日はSFでパレード。

このサイトでパレードと言えば、もちろんプライド・パレード。ゲイ・パレードとは言いません。LGBTプライド・パレード。

LGBT=Lesbian, Gay, Bisexual, and Transgender

長い…。

今回初めての試みとしてネットで生中継するそうです。興味のある方はこちら。


http://www.sfpride.org/

って、パシフィック・タイムで日曜の10時半だから、日本は日曜日の夜中っていうか、すでに月曜日の午前2時半?寝てるって…。スルーして下さい、この情報。

じゃあ、もう一つ。昨日の続きで新しい統計の話を。

連邦政府が行った最新の統計によれば、アメリカ人男性が生涯にセックスする相手の数は、平均7人。女性は4人(思ったより少ない…)。6,237人を対象にした統計結果だそうです。でも対象年齢が20歳から59歳なんですよね。20歳の人に今まで何人の人とやりましたかって言ってもねー。

ちなみにこの統計を行ったのはCDC=Centers for Disease Control and Prevention

このデータを使って、性病の浸透や感染のパターンの分析をするらしいです。

でもこの統計、ヘテロしか対象にしてませんでした。つまんない。ま、現政権のやりそうなことです。ゲイは対象外。

(ネット上でしつこく噂されているのは、本人(Bさん)が実はゲイっていう話。私的にはそれはないだろうと思うんですけど…っていうかあんまり想像したくない…。)

『もしこの記事が面白いと思って頂けたら、プチッと拍手して頂ければ喜びます。ついでにランキングのボタンをプチプチ押して頂けたら、ますます嬉しい…thks! 』

にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ

タグ : ゲイ

2007/06/23 17:01 | ニュース・その他COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

お兄ちゃんが欲しい?

「皮」だの「毛」だのっていう話が続いたので、突然ではありますが、ちょっと真面目な(?)話。

UTS本文で祥平が言ってる「統計学」について。すなわち兄貴がいると弟はゲイになるという。

この話は↓の論文に基づいてます。

Bogaert, A. F. (2003). "Number of Older Brothers and Sexual Orientation: New Tests and Attraction/Behavior Distinction in Two National Probability Samples." Journal of Personality and Social Psychology, 84, 644-652

「兄の数と性的傾向」とでも訳すんでしょうか?カナダの大学教授が発表した論文で、944人の男性(ストレートとゲイの両方を含む)からの統計の結果、兄が増えるにつれて弟がゲイになる確率は30%(えらく正確だよね)だそうです。つまり、兄が一人なら弟がゲイである確立は30%。3男の場合は60%。4男なら90%とほぼ確実にゲイ。

これはあくまで同じ母親の胎内から生まれるということが前提で、父親が誰でもあんまり関係ないようです。

どうしてゲイがゲイになるか?っていうのはものすごい論争のタネです。

どうしてかって言うと、保守派の人間が「ゲイは後天的に選択できる“悪い”ライフ・スタイルだから、なんの法的な権利も保証も与える必要はない」って言い張るから。逆にゲイ・コミュニティとしては当然、「そんな馬鹿な話はない、自分は生まれた時からこうなんだ」って言うわけです。

どうしてゲイになるかっていうのは大事な政治問題なんです。今のところ法的にゲイの結婚が認められているのは全米でマサチューセッツ州だけです。先週、保守派のその権利を取り上げようとする試みが阻止されたばかり。同性の結婚を許可すべきかどうかを住民投票で決定するべきだっていう保守派の主張が通らなかったわけです。

どんなにリベラルな州でも住民投票ってなると結果は?ですからねえ。カリフォルニアだって危ないと思います。NYとかですかねえ、多少希望がありそうなのは。

そんなわけで、この研究論文はゲイ・コミュニティには歓迎されたみたいです。

これ、確か去年辺りTVでやってたんで(Dateline?)、ひょっとして日本でも放映されたかもしれないんですけど?

でもねー、私的にはかなり眉唾?

そんな簡単な話なんですか?

だったらこの少子化の日本にはゲイは存在しないんでしょうか?ねえ?

TVで見た限りでは、サンプルは全て知的階級の中流以上の白人の兄弟でした。まあ、TVに出るってことはカムアウトしてる人々で、なおかつ家族がそれをサポートしてるってことだから、そうなるんでしょうけど、でもこの統計のサンプルの人種、年齢、その他細かいことがよくわかりません。

ただの偶然じゃあないの?っていう気も…。

同じジェンダーの子供(なぜか男の話しかしてませんでした)を生んだ母親の胎内で「何か」が起こって、次の子供がゲイになる要素を作るっていうんだけど、それも医学的証明はまったくなされてないという…かなりいい加減…。

私もゲイになるのが後天的「選択」だとは思わないけど、生まれてくる順番だっていうのもどうかと思います。

でも、偶然にも私の友達が4人兄弟の長男と結婚していて、3男と4男はゲイ。白人の裕福な家庭で両親も長男、次男も暖かくゲイの弟達を支えています。

論文の通り!

でもでも、前に日記にも書きましたけど(ちゃんとした日記を書いていた頃)、長男と次男でカップルっていうゲイ兄弟も知ってます。この場合は日本人で、親が兄を無理矢理結婚させたけど、直ぐに離婚してしまった。

ゲイの次男が兄を「その道」に引きずり込んだ?でも、結果的に引きずり込まれたってことは兄ももともとゲイだった?

謎は深まる。

それでこの説は、ある意味DNAというか遺伝子的要因は否定してるみたいです。Geneticな要因じゃなくてあくまで、子宮内でのBiologicalな要因がメインだと。

ね、真面目な話だったでしょ?

でもどうでもいい話だった?

まあね。ゲイだろうがバイだろうが本人がハッピーなら下らない統計なんてどうだっていいよね。

あ、そう言えばこの統計の穴はバイだ!説明できてないじゃん、どうしてバイになるか…。

『もしこの記事が面白いと思って頂けたら、プチッと拍手して頂ければ喜びます。ついでにランキングのボタンをプチプチ押して頂けたら、ますます嬉しい…thks! 』

にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ

タグ : ゲイ

「皮」の次は「毛」。

もちろん頭髪の話ではありません。体毛(?)body hairの話。

毛深いの好きっていう人も結構多いみたいです。あんまりhairyって言われると…萌えない…。でも、他に訳すのに面白そうな話ないかなあ、と思ってniftyを探してたら、もっと「毛フェチ」な話がありました。

「彼の全身はカーペットみたいに厚い毛に覆われていて…」

なんて書いてあって、その途端読む気が失せた…。だって背中まで毛がびっしりって…ギネス・ブックに載るよ。しかもそのカーペット君がリバで「受け」もやるんですね。あまりにもマニアックで…挫折。

英語のゲイ・ポルノ(?)結構好きなんですけどね。軽くてノリノリで明るい。でも萌えのツボがズレ…。

ちなみにアソコの毛はpubic hairっていいます。だけどpubic hairなんて言わないで、pube(ピューブ)って短く言うのが普通。

変態=pervertもperv(パーブ)って言います。

その辺は日本語と同じ。

そう言えばヘア・ヌードっていう日本語があるけど、あれはあくまで日本語ですね。英語としては意味不明だと思います。無理に英訳すると…buck naked shot…って下品な訳だよ(汗)。

『もしこの記事が面白いと思って頂けたら、プチッと拍手して頂ければ喜びます。ついでにランキングのボタンをプチプチ押して頂けたら、ますます嬉しい…thks! 』

にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ

タグ : ヘア

2007/06/20 16:56 | エロ語解説COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

そう、

これだけで何の話か分かったあなた。あなたと私は頭の腐り方が同じですね(笑)。

今回、ゲイの方の書いたエロ話を訳していて、「」の重要性(?)に初めて気が付きました。大事なポイントだったんですね。ちなみに「」っていうのは、もちろんアソコの=foreskinのことです。

で、私の訳した話の原文では簡単に「cut or uncut」なんて聞いてましたけど、ちゃんと専門用語があります。Circumcision。包除去手術とでも訳すんでしょうか?ユダヤ系は赤ん坊の時にすませるのが有名ですけど、アメリカ人は結構やってます。

仮性包茎とかでも、健康上の理由(?)ってことで医者が簡単に手術を勧めるらしいんですね。で、取ってしまってる人が多いってことで、「切っちゃってるの、どうなの?」っていう質問になるわけです。

イタリア人、もしくはカトリック教徒はやらないようです。アジア系もそういう習慣がないと思います。「フェチ」(そんな人いたんですね)の人はこの辺が狙い目なのかもしれません。

ちなみに手術してない「皮付き」のモノは、uncircumcised pexxs。取ってしまったモノはcircumcised pexxsって言います。関係ないけど、精液はcum。先走りはprecum。

さらにどうでもいい話をすれば、ペニスはペニスとは言いません。ペニスって言っても通じないと思います。あれはピーナスと発音するのが正しいわけです。アクセントは最初の「ピ」。

だけどペニスって言って通じなくて困ったって、なんていう記憶は一切ありませんから、発音できなくてもまったく問題ないと思います。そもそもこの「日記もどき」、知らなくていいことばっかり書いてます。

知らなくていいことと言えば、circumcisionのスペルに自信がなかったんで、グーグルしたら(英語版) Wikipediaが最初に出てきました。何気なくクリックしてページをスクロールしてみたら…。

生まれて初めて見てしまった…uncircumcised pexxs…あんなにハッキリ実写って…。個人的に余りお勧めはしませんが(好きな方ごめんね)、興味のある人はどうぞ…。しかし、ああいうのbeautifulって言うんでしょうか…。

『もしこの記事が面白いと思って頂けたら、プチッと拍手して頂ければ喜びます。ついでにランキングのボタンをプチプチ押して頂けたら、ますます嬉しい…thks! 』

にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ

タグ :

2007/06/17 16:51 | エロ語解説COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

あった方がいいでしょう

ゲイダー。

日本語にもなってるのかな?ゲイとレイダーを組み合わせた造語。これは、随分前からあるんで、スラングっていうより、もう普通の英語だと思います。ようはゲイの方が内蔵されてるお仲間探知機ですね。これの感度が悪いと、下手すると命に係わりますから、、常に正確に探知できるように精度を磨くことが大事なんです。

で、私が思うに女性だって持っている。私もかなり雑ですが持ってます。この間女の子の友達と歩いていたら、ショーツにスニーカーだけの上半身裸のお兄ちゃんとすれ違って、何となく目があったから、「ハーイ!」とか言ったんですけど、その後で、友達いわく、

「タイプ…。」
「え、ええ?」(ゲイじゃん?)
「でも、絶対ゲイだよね。」
「うん、そう思った。」(なんだ、分かってんじゃん。)

なんですれ違っただけで、彼がゲイだって分かったのか?

多分、本人が隠してないからだと思います。

って言っても「俺はゲイ!」って看板下げて歩いてるわけじゃないんで、じゃあやっぱりどうしてかって言うと…

まずは穿いてたショーツの色が明るいグリーンだった。

人種的には白人だったんで、ストレートで白人の男があの色のTシャツならともかく、ショーツは穿かないだろうと…。

でも、それはどっちかって言うとマイナーなポイントですね。他には歩き方とかかな?別にヘナヘナしてたわけじゃなくて、でもなんかこう…お尻がプリプリっていうか…うーん、やっぱ説明しにくい。

あ、あと、乳首が自己主張してた…。

いや、つい見てしまったくらい、おとなしくない乳首だった…。

ちなみに私は、男の人の乳首は普段は小さくてピンクとかの方が…ってそういう話じゃない。

何の話だっけ?そう、ゲイダー。女の子もあると便利かなっていうそれだけの話でした。(腐女子ならちゃんと持ってる?)

『もしこの記事が面白いと思って頂けたら、プチッと拍手して頂ければ喜びます。ついでにランキングのボタンをプチプチ押して頂けたら、ますます嬉しい…thks! 』

にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ

タグ : ゲイ

2007/06/14 16:48 | エロ語解説COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

イクのかクルのか?

日本語では「イク」。

「いく、いくう、いっちゃううー!」

(最初に言い出したのは誰だ?)

英語ではイかないんですよ。「クル」んですね。少なくとも米語では。

「くる、くる、きちゃううー!」

これ結構ややこしくて、スペルが2通りあります。まずはcum。

名詞として使う場合は、「精液」っていう意味になります。これの現在進行形はcummingなんですが、発音がcomingと同じなんで、私ずーっと、この2つをごっちゃにするという初歩的なミスを犯してました。でもcummingの方は「イク」に近いようです。

つまり名詞が「精液」だから、

動詞は「精液を出す」=「射精する」=「イク

もう一つがcome。これは「きちゃうっ!」とか「くる、くる!」みたいな感じですかね。「きちゃった…。」とかね。ありそうでしょ?

ちなみに過去形はcumもcomeもcameのようです。cummedっていう説もありますが、私は聞いたことありません。

UTS本文では祥平に「i’m so close」って言わせてみました。読んで字のごとく、「もうちょい」って感じです。もちろん「i’m coming」 でも「i’m cumming」でもいいわけです。「i’m almost there」なんていうのもありだと思います。

でもって「umm ah uughh aww ohh aw fxxk!」

なんて続くわけです。

書いてみて気づきました。私、英語でも結構萌えます。ここで確認のため、英語のゲイ・ポルノというものをネットで読んでみました。うーん。いける。翻訳したんで載せます。

英語で「i’m going」って言うと、やり終わった後に「じゃあ俺、帰るわ。」ってな感じになってしまうかと思われます。「イクうっ!」っていうのを「i’m going」って訳すと、かなりおかしなことになるでしょう。

もしイタしてる最中に、「いきそうっ!」って言うつもりで、「i’ll go」なんて言うと、相手が萎えてしまうかも。直訳は危険です。

で、「イク」と「クル」。日本とアメリカ以外の国ではどうなのか気になってます。

御近所のアジアの国々では「イク」のか?それとも「クル」のか?ヨーロッパ、アフリカ、中近東、南アメリカ、そしてアメリカ以外の英語圏では?

もしその他のバリエーションをご存知の方いらっしゃいましたら、是非御一報下さい。「飛ぶ」とか?「出る」?黙々と無言?奇声を上げる?

さて、あなたのパートナーはどっち?「イク」のか「クル」のか?

…ただそれだけの話でした…(^_^;)

これからもこの使えない、多分知らない方がベターなエロ語解説、続けてみてもいいもんでしょうか?

『もしこの記事が面白いと思って頂けたら、プチッと拍手して頂ければ喜びます。ついでにランキングのボタンをプチプチ押して頂けたら、ますます嬉しい…thks! 』

にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ

タグ : イク

2007/06/10 16:38 | エロ語解説COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。