スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

頭蓋骨と骨

なんとなくここに書くこととは違う気もしますが、ほのかにBLな話っていうか、ゲイっぽい話なんで書きます。

翻訳してる長編小説にWASPのゲイ男性が出て来るんですけど、それでWASPについて書いてて、話が飛んでスカル&ボーンズ。頭蓋骨と骨。

現大統領と3年前の大統領選で対立候補だったケリー上院議員の二人が、どっちもこのイエール大学の学生結社の会員だったっていうことで、急に話題になったのが、このスカル&ボーンズ。

つい最近までWASPの男子学生しかメンバーに入れずに、元の会員には緘口令を強いて、長い間外部の人間には秘密を守ってきたエリート学生の結社です。

なんで頭蓋骨と骨かっていうと、この結社のメンバーが、アメリカン・インディアンの英雄、ジェロニモの墓を暴いて、その頭蓋骨と骨をイエールの自分達の本部に持ち帰ったから。そのメンバーの首謀者が、現大統領の祖父に当たるプレスコット・ブッシュっていうのも有名な話。

泥棒だろ?

そうなんですよねー。白人のエリート達は、1918年の当時、こういうことをしても許されちゃったんですね。

イエールがどういうつもりか知りませんけど、未だにその骨の行方は分からないみたいです。

探してちゃんと返せよ。

まあ、それはそれとして、この結社のメンバーになるためにはいくつかの試練(?)を経て、それに合格しないといけないわけで、それにも色々噂があるんですが、一番有名なのが…。

1) メンバー全員の前で裸になって、用意された棺桶(!)に入る。この時、部屋には蝋燭の明かりのみ。
2) 今までの自分の性体験を全て隠さずに告白。
3) その告白をしながら全裸でオナニーしてみせる。

なんなの一体?で、その後みんなでサークル・ジャークでもやるとか?(そんなことは誰も言ってない;)

エリートって…怪しい人達だよねー。

っていうか、こんなん考えた奴も、やらせようって賛成したやつも、全員そっちの人?

こういう怪しすぎるテストにパスしてメンバーになったら、ボーンズマンって呼ばれて、他のボーンズマンとはブラザーってことになります。社会に出てからもオナ友スーパー・エリート同士だから、仲良し。アメリカの特権階級として権力を握ることになるわけですね。

現在は、マイノリティも女性もメンバーになれるそうで、もしこれからイエールに留学する方がいらしゃいましたら、是非入会して↑の真偽を教えて下さい(笑)。

『もしこの記事が面白いと思って頂けたら、プチッと拍手して頂ければ喜びます。ついでにランキングのボタンをプチプチ押して頂けたら、ますます嬉しい…thks! 』

にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ

スポンサーサイト

タグ : BL

2007/07/24 16:38 | ちょっとBL・ゲイCOMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。