スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

237の理由?

またまた最近の研究結果の話題。

University of Texas at Austinの心理学の教授、Cindy Mestonって人の研究結果が、Archives of Sexual Behaviorっていう医学雑誌(そんな雑誌あったのね…)の8月号に発表されました。

それによると、彼女は綿密な(?)リサーチの結果、人がセックスをする237の理由を「発見」したとか。

こういうのほんっとに好きだなって思います。

「学者」って「統計」好きだよねー。セックス関連の「研究」も大好きだし。それで「公正」な結果を期待してなんでしょうけど、なーんか疑いの目を向けてしまう。この場合、特に対象が大学の学生だし、それってかなり限定されたグループ。

しかも結果がつまんなかったよ。

上位10くらい理由をざっと見たけど、まったく驚きも感心もしませんでした。

気持ちいいから、好きな人に愛情を示したいから、相手に魅力を感じたから、やりたい気分だから、イキたかったから…。

あっそ。わざわざ高い教授クラスの給料を貰って、する程の研究結果なんでしょうか、これ?こんなん誰でも想像つくけど…。

ショッキング!(笑)なのは下位の方の理由だそうですけど、これも「ふーん。」で終わった。

性病を移してやりたかったから、お金を貰ったから、出世のため、他人の恋愛をぶち壊してやりたかったから、仕事を貰うため、ドラッグをくれるって言われたから、神様に近づける気がしたから(幸せな人だね)…。

つまり人は、愛と気持ちよさのために主にセックスをして、ネガティブな理由でやる人は少数派だ、と。

だからね…

この教授は、人がセックスをする理由が分かれば、性病の普及を止める手段になるって言ってますけど、それはどおよって思うよ、こんな結果じゃ。

悪いけど、もっと強烈な理由でやる奴、一杯いるもんね。

で、一番面白かったのは、心理学の教授の癖にググったら、このシンディさん、どー見てもフェイク・ブーブ。

fake boobsっていうのは、シリコン・インプラント、つまり、豊胸手術をした胸のことです。

ある意味誰でもやってることだけど、でもやっぱり皆が皆するわけじゃない。

「私は自分に自信が無い、私は自分が嫌い、私は内面に不安を抱えている。」

そう言いながらメロンをくっつけて歩いてる感じがする…。

心理学の教授っていうのは、本人がかなり危ない人が多いって聞くしねー。

ちなみにマイアミは整形天国、フェイク・ブーブだらけって聞いたことがあります。整形してないと、貧乏人に見られるとか…。あんまり住みたくない街だ(*_*;)

『もしこの記事が面白いと思って頂けたら、プチッと拍手して頂ければ喜びます。ついでにランキングのボタンをプチプチ押して頂けたら、ますます嬉しい…thks! 』

にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ

スポンサーサイト

タグ : セックス

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。