スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

カムアウトし難い職業-スポーツ選手編

以前、カムアウトし難い職業、というかアメリカでは未だにカムアウトが禁じられている職業として軍人編を書いてみたんですけど、今回はスポーツ選手について。

アメリカだけじゃなく、世界中で現役のプロスポーツ選手にカムアウトしている人がほぼ皆無、という「嘆かわしい状況」について、まずは元NBAプレーヤーで、ご自身も現役引退後の2007年にカムアウトされたジョン・アミーチ氏の最近のインタビューから。(Pink News様より)
276John Amaechi

“I get into trouble sometimes with the gay community by saying it is not the job of sports stars in the closet to come out. That is not how change happens. For an under-prepared and psychologically stunted individual who plays sports at a high level to come out before they are ready is like being born prematurely. Unequivocally, being out is better than staying in, but those who do come out need support.”
「スポーツ界のスターにカムアウトする義務はないと主張して、ゲイコミュニティと揉めることがある。でもチェンジはそうやって起こるものじゃない。まだそんな準備の出来ていない、心理的に成長途中のハイレベルのスポーツ選手がカムアウトすることは、まるで未熟児として生まれるようなものだ。もちろんカムアウトしている方が隠れているより良いことは間違いないけれど、カムアウトする人間にはサポートが必要だ。」

現在39歳のアミーチ氏はイギリスのTVキャスターで、心理学者としてもLGBTの若者をサポートする活動を行っておられるそうですが、スポーツ選手にカムアウトしろっていうプレッシャーを掛けるのは間違い、っておっしゃってるんですね。

そう言えば当時、彼のカムアウトに対する、同じNBAプレーヤーのティム・ハーダウェイのホモフォブ・コメントが大きなニュースになっていました。
276Tim Hardaway

"You know, I hate gay people, so I let it be known. I don't like gay people and I don't like to be around gay people. I am homophobic. I don't like it. It shouldn't be in the world or in the United States."
「俺はゲイが嫌いだし、それをはっきりさせとく。俺はゲイが嫌で近くにいるのも嫌だ。俺はホモ嫌いさ。とにかく嫌なんだ。ホモは世界に存在すべきじゃないし、アメリカにも存在すべきじゃない。」

この本人の偏見、というより頭の悪さを完璧に露呈した発言は、各メディアでいっせいに流れて、私も通勤途中のラジオのニュースで聞きましたけど、

「今時、こんなこと言う人がほんとに居るんだ?!」

と思って、ものすごーーーくびっくりしました;

もし仮に心の中で同じようなことを思ってる人が居たとしても、ちょっとでも脳みそがあれば口には出さないでしょうし、そんな風に思う自分を恥ずかしく思う気持ちも幾らかはあるはず。ましてやパブリックフィギュアと言われる有名人が、マスコミの前でこんなことを堂々と口にするなんて普通あり得ません;

ゲイとしてカムアウトしたら、スポーツ選手としてのプロ生命が終わりになるのかどうか?

というのは、現役でカムアウトする選手の例が極端に少ない以上、何とも言えないですけど、少なくともティム・ハーダウェイのようなホモフォブ選手に関して言えば、そのキャリアが終わりになることは証明されました。

この発言の直後、彼はNBAのオールスターイベントから外され、ナイキやドリトスなどの企業との契約も打ち切られています。最近ではLGBTのイベントに積極的に参加して、マイナスイメージを払拭しようと頑張ってるらしい。

(^-^;)

NBAだけじゃなく、サッカーに、野球、テニス、アメフト等々、どのスポーツも似たようなものだと思うんですけど、逆にラグビーみたいなマッチョで激しいスポーツの方が、意外にもゲイフレンドリーだったりするみたい?

ガレス・トーマスさん↓はラグビー界では知らない人が居ないくらい有名な選手だそうですけれど、昨年ゲイであることをカムアウトされています。
276Gareth_Thomas

この方は今もラグビー選手として活躍しておられるので、エリート・アスリートが現役のままカムアウトするという、大変貴重な存在となられたわけです。

イギリスはシビルユニオンを認めていますし、カムアウトしている政治家も多くて、とてもゲイフレンドリーな国ですけど、彼がカムアウトした時もチームメイトやコーチの皆さんが積極的にサポートを表明され、なんと離婚している元奥様まで応援コメントを出されていました。

その後、オーストラリアの有名ラグビー選手(Jason Akermanis)が、

「ゲイの選手はクローゼットに隠れたままでいるように。」

というコメントを出した時には、AFL(オーストラリアフットボール協会)がすぐさま彼を出場停止処分にするという処置を取って、こういう発言は協会の立場とは異なる、という声明を出しています。

AFLは多数の選手やコーチに参加を呼びかけて、ホモフォビア撲滅キャンペーン↓を開始したところだったので、余計にこういう無神経な発言に激怒したみたい。


276AFL fight homophobia1

選手の皆様が持っているサインは左から順に、

「黒人、白人、ゲイ、ストレート。Diversityってことだよ、みんな!」
「ホモフォビアに立ち向かおう。」
「もし皆が同じだとしたら、お互い顔を見るのも嫌になるよね。」

Diversity(多様性)って訳しにくい言葉ですけど、一人一人が違っていて当たり前、それを受け入れて皆がお互いを尊敬するように、っていうメッセージ性の強い言葉として使われています。

オーストラリアももちろんゲイフレンドリーな国ですけど、スポーツ選手はやっぱりカムアウトが難しいわけで、こういう風にリーグ全体でサポートを表明するっていうのは素晴らしいことだと思いましたvv

ジョン・アミーチ氏は人種的にもマイノリティですし、同じNBAのプレーヤーの中に明らかにホモフォブ選手がいたわけで、現役スポーツ選手のカムアウトに対してはどうしても消極的な発言になるんだろうと思いますけれど、そうは言っても、これからはガレス・トーマスさんのような選手も増えるはずで、彼らがカムアウトしたことを後悔しないですむように、スポーツリーグ全体、そして何よりファンの方々の意識が変わってくれることを願います。



・・・それで、えっと、ここで止めとけば、このブログにしては割と良い記事になるかもなんですけど(汗)、オージーのラグビー選手の皆様といえばどうしても外せないものがあり…

突然ですが、以下は例によって18禁の上、背後に要注意!

なんでいつも最後はこうなってしまうのか…汗



でもこの画像↓を見たら、どうしてもこれを載せたかった私の気持ちも分かっていただけますよねっ♪
276gods of football1

Gods of Football、つまり

『フットボールの神々』

というタイトル通り、ギリシア彫刻のような人間離れした素晴らしいお身体のイケメンさん達!

彼らは乳がん撲滅キャンペーンに参加されているオーストラリアのラグビー選手の皆様で、チャリティのために大胆にお脱ぎになっているそうですvv
276gods of football2

276gods of football3

ちなみに一番セクシーなプレイヤーに選ばれたのはマット・ボーリン(Matt Ballin)↓選手vv
276gods of football Matt Ballin

(=´∇`=)ふにゃ~ん♪

カレンダーは未だにアマゾンで売ってますけど、2009年のカレンダーなのに、なぜお値段が何十ドルとお高いのかは謎…笑

オフィシャルサイト様によると写真集やDVDも絶賛発売中だそうですけど、生ものにあんまり興味のない私でも、これはちょっと買いたいかもって思うくらい、なんともエロ素敵なお写真です~♪

こちら↓はDVDのオフィシャルPV。



もちろんこの手の企画のオリジナルは、フランスのラグビー選手の方々のDieux du Stade、『スタジアムの神々』。
276Dieux du Stade Steven Klein1

さすがはおフランス、エロ度芸術性がぐんとアップしていらっしゃいます^^

ちなみにフォトグラファーは、最近レディ・ガガの『アレハンドロ』のPVで、ディレクターとしてもデビューされたスティーブ・クライン。さすがに好いお仕事ですよねw

こちら↓は撮影風景。



最後はこのフランスバージョンに登場されている、スティーブ・タバリー選手↓(Steve Tabary)をフィーチャーした動画。
276steve tabary07

この世にこんな美しい男がいたのか?!とびっくりするくらい綺麗なお方ですので、こっそりリンクだけ貼っておきますけれど、途中で危険物がモロ出しになりますので、生ものはダメ!という方、18歳のお誕生日がまだな方は絶対に見ちゃダメですっ!!!

生ものも平気、危険物の一つや二つ(一本や二本?)見たところで死にはしません、という大人の方のみどうぞ。

お子様は押しちゃダメ!

もう何回見ても、あふうぅっ…ヾ(≧▽≦)ノ

ではでは、出し惜しみしないイケメンさんに感謝して、明日も元気に仕事に行きましょう♪
スポンサーサイト

タグ : ゲイ スポーツ カムアウト ジョン・アミーチ ガレス・トーマス ラグビー

2010/07/18 21:17 | ちょっとBL・ゲイCOMMENT(9)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

「実はゲイです」とカムアウトする必要のない社会になるといいですね。だってわざわざ「ノンケです」って言わないし・・・。そもそも女性も好きになった男性が必ずしも「ノンケ」とは限らないってコトをちょびっと考えろよって思うのです。
おおおおおおッ!フットボールの神々!❤
ワタシは右側の白パンツの神様が好みです。白ブリーフってイカガワシイですもんね❤モエますね。

なんかいつにも増して変なコメント・・・只今猛暑の中汗だくで頭がよく働きません。ごめんなさい・・・・。

No:1806 2010/07/19 19:42 | るぴこ。 #- URL [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No:1807 2010/07/19 20:19 | # [ 編集 ]

るぴこさん、こんばんは

おっしゃる通り、「カムアウト」っていう言葉がある時点で重いですよね;
この辺の人はサラサラッと言ってくれるから、あんまりそういうの感じないんですけど…。
ほんと早くみんながそうなってくれれば好いですvv

白ブリーフっていいですよね~。
私はお尻フェチなので、ぷりんぷりんのお尻画像に萌えました♪
ワールドカップも終わっちゃったし、次はラグビーに注目vv
と言っても、どこで試合放送してるのかも知らないけど(笑)

日本は凄い猛暑みたいですよね;
暑い中、ご訪問&コメ、ありがとうございました!

No:1808 2010/07/20 21:23 | 蛍 #- URL [ 編集 ]

秘密のコメ様へ

ほんとボールで隠すって好いですよね!
サッカー選手のパンツ姿も好いけど、これはさらに萌えがあっぷww
チャリティの目的は乳がんのためですけど、買う人が女性かというと…?笑
とにかく売り上げが伸びて寄付が募れればウィンウィンですからw

ほんとに動画の彼は剃…www
この撮影のためにわざわざ?とか考えると余計に萌えます~。
ほんと撮影中は緊張気味のお顔ですよね。
それがモデルさんっぽくってカッコいいんだけど、ジーンズ履きながらホッとしたような笑顔になるのが、私も最高に萌えましたっ!
同じ萌えを語れて嬉しいです~☆

そうなんです!
実際この、「ゲイの選手はカムアウトするな。」って言ってる人は、ロッカールームで居心地が悪くなるとか言ってました;
軍隊もそうみたいなんですよね。
シャワールームをシェアするのがどうとかって…。
そんなの実際に付き合ってみて、慣れたらどうってことないんですけどねー。
私もゲイの女の子が周りにいても、そんなの普通に忘れてるし。
そういうところばっかり強調するって馬鹿みたい。
おっしゃる通り、仕事中はそんなこと考えないし、ホモフォビアと女性蔑視は根っこが同じです。

お尋ねの件に関してはもちろん嬉しいですv
ほんとに目の保養ですよねっ♪

No:1809 2010/07/20 21:24 | 蛍 #- URL [ 編集 ]

秘密の拍手コメ様へ

この人はほんと酷いです;
この発言以降、CM契約を打ち切られたりしたせいで、今は逆にLGBTのサポートグループに参加してるらしい…。
まあ、ほんとに心を入れ替えたんならいいんですけどね^^
アメリカには確かにホモフォブも多いけど、少なくともこういう人間は相手にされませんし、こういう発言も黙って見過ごされません。
>「みんなちがって、みんないい」
ほんとにおっしゃる通り、自分と違う人が居るからこそ素敵なんですよね☆

No:1810 2010/07/20 21:25 | 蛍 #- URL [ 編集 ]

初めまして

いつも、こっそり拝見させていただいてます。
ゲイ大嫌いって公の場で言っちゃう人がいたんだ~って読み進めてたら、生ものって言うか・・出ちゃってるじゃないですか!差別のない社会が・・・なんてコメントしようとしてたのに、もう肌色の画像で頭がいっぱい(笑)皆様、イイ体してます・・むっちりお尻が美味しそうとかバカ丸出しのコメントしか浮かんでこなくなりました。すみません・・・

No:1811 2010/07/21 10:39 | 夕華 #- URL編集 ]

夕華さん、初めまして

ほんと未だにこんなバカな人がいるのにはびっくりしました;
そしてすみません、真面目な話の後でいきなり出しちゃいましたっ(汗)
でも素敵なお尻画像はどうしても載せたかったので、見て頂けて嬉しいです~☆
動画のお兄さんも、ぽろっと出てますけど、綺麗で全然いやらしくないですよねっ♪

コメントありがとうございましたvv
私もまた遊びに行かせて頂きます♪

No:1812 2010/07/22 20:27 | 蛍 #- URL [ 編集 ]

お久しぶりです

さすがフランス芸術的に眩しかったです。それで思い出しましたが、サンフランシスコの市立短大でデッサンのクラスを取ったとき週2回のうち1回は女性、1回は男性でした。当然ヌードです。結婚前だったのでチョットひるんだんですが、こんな機会は日本じゃあ無いからと思ってがんばりましたが、やっばり男性はどっちから見ても目に付いちゃって若かったなー。で、私の絵の技術が上がったか?うーん!!
 こちら(US)のロッカールームやシャワーとかでは(プロスポーツでもそこら辺の町のスポーツジムでも)スッポンポンで皆さん歩き回ります。その中にゲイの方がいると思うだけで居心地が悪くなるようです。そういう方はたいてい飛ばすジョークも内に女性蔑視を秘めてる(隠れてないのいるけど)ような気がするのは私だけでしょうか。かく言う内のダンナもホモフォビア入ってます。禿デブ専なんてあるのかな。だったらアナタの恐怖は意味があるけど、性格だけなら(迫られるなんて)ありえません。(キッパリ)
 取りとめもないことを書きましたが、公に発言する=まだまだ人の意識は変わっていませんと言うことですね。また色々と教えてください。

No:1823 2010/08/02 22:56 | kako #- URL [ 編集 ]

kakoさん、お久しぶりです

ほんとにさすがはフランスですよねっ!^▽^
ラグビー選手と美術館の取り合わせが斬新ですvv
kakoさんは絵を勉強されていたのですか?
やっぱりヌードモデルさんはデッサンのお勉強の基本なのですね~。
綺麗なモデルさんと美大生とか、素敵なBLになりそうですっ(←ん?)

着替えとかシャワーは女の子でも全然気にしませんよねv
何でそこで、ゲイやレズビアンの人がどうでもいい同性の身体を見て一々反応すると思うのか、そこが凄い不思議…。
おっしゃる通り、そういうことを公に発言するなんて問題外です!
でもこういった発言をした人はすかさず罰せられていますから、そういう意味では受け取り手の意識は確実に向上してきていると思いたいです^^
こちらこそコメントありがとうございました☆

No:1826 2010/08/03 21:04 | 蛍 #- URL [ 編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。