スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

判事のセクシュアリティ裁判

昨年の8月、連邦裁判所のウォーカー判事が、カリフォルニアの同性婚を禁じる条例、Prop 8が違憲であるいう判決を下しました。
296judge walker

ウォーカー判事はご自分のセクシュアリティを公にされていませんでしたが、この裁判の後、引退をお決めになり、10年間お付き合いされている同性のパートナーがいることを明らかにされています。

すると同性婚反対派は、彼がゲイであることを理由に、その判決を無効とするように訴えを起こしました。

「どの判事も自分自身の利害に関わる裁判を審議することは出来ない。」

それに対して今日、合衆国北カリフォルニア地裁(United States District Court for the Northern District of California)のジェームス・ウェア主席判事が、審議から24時間という異例の早さで判決を下しました。

“…the fact that a federal judge happens to share the same circumstances or characteristic and will only be affected in a similar manner because the judge is a member of the public, is not a basis for disqualifying the judge.”

「(こういったケースでは)判事も一般市民と同様の影響を受けるのであり、連邦判事がたまたまある状況や特徴に合致するというのは、その判事を失格とする根拠にはならない。」

判事がゲイであるからという理由で、ゲイ男性全般に関わる公民権問題に対する判決を下させない、と結論づけるのが、全てのマイノリティにとってどんなに危険か、ということを判決文は続けて説明します。

“Requiring recusal because a court issued an injunction that could provide some speculative future benefit to the presiding judge solely on the basis of the fact that the judge belongs to the class against whom the unconstitutional law was directed would lead to a standard that required recusal of minority judges in most, if not all, civil rights cases. ”

「その判事が、違憲とみなされる法律によって不利益を被る特定のクラスに属するからといって、裁判から外されるべきだとするなら、マイノリティの判事は皆、公民権問題についての裁判で審議が出来ないことになる。」

“…we all have an equal stake in a case that challenges the constitutionality of a restriction on a fundamental right.”

「そもそも基本的人権を制限するような法律の違憲性を問い質す場合、(ある特定のマイノリティだけでなく)我々全員が等しく影響を受けるのである。」

“Although this case was filed by same-sex couples seeking to end a California constitutional restriction on their right to marry, all Californians have an equal interest in the outcome of the case. ”

「このケースでは、同性のカップルが結婚する権利を阻むカリフォルニアの州憲法の無効化を求めているけれど、(彼らだけでなく)全てのカリフォルニア州民も決してその結果と無関係ではない。」


ウェア判事は人種的マイノリティ(アフリカンアメリカン)ですけれど、ブッシュ父に連邦地裁の判事に指名されていますし、特にリベラルな判事というわけではないと思いますが、同性婚反対派のキ○ガイ共が2度とこういうバカな訴えを起こさないように、ピシッと結論づけた判決文はさすがだと思いましたvv

次はいよいよ第9巡回控訴裁判所での審議になりますが、同性婚に賛成の人が初めてアメリカで過半数を超えたという調査結果も出ていますし、数年後に最終的には最高裁での審議される頃には、すんなり同性婚が合法化されそうな気がしてきました♪

NYでもいよいよ上院で同性婚を合法化するための投票が行われるそうですし、今年もまた動きがありそうです。


(にしても、今日はいきなりクソ暑くて参った。。。)

スポンサーサイト

タグ : カリフォルニア 同性婚 ゲイ ウォーカー判事

2011/06/14 22:01 | ゲイ婚COMMENT(2)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

とてもためになりました。(*^^*)

No:2021 2011/12/30 08:44 | とい #- URL [ 編集 ]

といさん、こんばんは

ありがとうございます。
コメント嬉しかったです☆
どうかよいお年を!

No:2023 2012/01/02 21:00 | 蛍 #- URL [ 編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。