スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

そう、

これだけで何の話か分かったあなた。あなたと私は頭の腐り方が同じですね(笑)。

今回、ゲイの方の書いたエロ話を訳していて、「」の重要性(?)に初めて気が付きました。大事なポイントだったんですね。ちなみに「」っていうのは、もちろんアソコの=foreskinのことです。

で、私の訳した話の原文では簡単に「cut or uncut」なんて聞いてましたけど、ちゃんと専門用語があります。Circumcision。包除去手術とでも訳すんでしょうか?ユダヤ系は赤ん坊の時にすませるのが有名ですけど、アメリカ人は結構やってます。

仮性包茎とかでも、健康上の理由(?)ってことで医者が簡単に手術を勧めるらしいんですね。で、取ってしまってる人が多いってことで、「切っちゃってるの、どうなの?」っていう質問になるわけです。

イタリア人、もしくはカトリック教徒はやらないようです。アジア系もそういう習慣がないと思います。「フェチ」(そんな人いたんですね)の人はこの辺が狙い目なのかもしれません。

ちなみに手術してない「皮付き」のモノは、uncircumcised pexxs。取ってしまったモノはcircumcised pexxsって言います。関係ないけど、精液はcum。先走りはprecum。

さらにどうでもいい話をすれば、ペニスはペニスとは言いません。ペニスって言っても通じないと思います。あれはピーナスと発音するのが正しいわけです。アクセントは最初の「ピ」。

だけどペニスって言って通じなくて困ったって、なんていう記憶は一切ありませんから、発音できなくてもまったく問題ないと思います。そもそもこの「日記もどき」、知らなくていいことばっかり書いてます。

知らなくていいことと言えば、circumcisionのスペルに自信がなかったんで、グーグルしたら(英語版) Wikipediaが最初に出てきました。何気なくクリックしてページをスクロールしてみたら…。

生まれて初めて見てしまった…uncircumcised pexxs…あんなにハッキリ実写って…。個人的に余りお勧めはしませんが(好きな方ごめんね)、興味のある人はどうぞ…。しかし、ああいうのbeautifulって言うんでしょうか…。

『もしこの記事が面白いと思って頂けたら、プチッと拍手して頂ければ喜びます。ついでにランキングのボタンをプチプチ押して頂けたら、ますます嬉しい…thks! 』

にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ

スポンサーサイト

タグ :

2007/06/17 16:51 | エロ語解説COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。