スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

アメリカの州ごとのゲイライツ

ノース・カロライナが今日の州民投票で、州憲法によって同性婚を禁止するアメリカで30番目の州になりました。
315amendment1

これまでにも州民投票、つまり多数決でゲイライツが勝利したためしはありませんが、ノース・カロライナは60%以上が同性婚禁止に票を投じたということで、結果が出るのが早かったですね;

アメンドメント1というこの条例が通ったことで、もうすでにノース・カロライナには同性婚を禁じる法律がありながら、州憲法でも同性婚を禁じることが明記され、さらにはシビル・ユニオンやドメスティック・パートナーシップ等の事実婚も禁じる、という徹底したゲイライツの剥奪がなされることになります。

男女であっても結婚していないカップルから、財産分与の権利、パートナーのために入院その他の手続き・決定を行う権利、等々の基本的な権利を奪うことにもなり、この結果、様々な訴訟が起こる可能性があると言われています。

コロラドではシビル・ユニオンを合法化しようとしていますが、共和党の議員によってブロックされている状態だとか…。

相変わらず平等の権利に関しては亀の歩みのアメリカですが、副大統領のジョー・バイデンが一昨日、同性婚を全面的に支持すると発言したことによって、オバマ大統領自身にも同性婚支持を表明するようプレッシャーが高まっています。



“Look, I am Vice President of the United States of America. The president sets the policy. I am absolutely comfortable with the fact that men marrying men, women marrying women and heterosexual men marrying women are entitled to the same exact rights. All the civil rights, all the civil liberties. And quite frankly I don’t see much of a distinction beyond that.”

「自分はアメリカ合衆国の副大統領で、政策を決めるのは大統領だ。自分としては男同士、女同士、男女間の結婚に同等の権利が与えられるべきだということに全く問題を感じないし、全ての公民権そして人権が与えられるべきだと思う。正直言って、それ以外に差があるとは思えないね。」

普段はほとんど存在感のない(汗)副大統領ではありますが、このきっぱりしたステートメントはかなりニュースになりました。

とはいえ、再選されなければ元も子もないというわけか、ノース・カロライナのアメンドメント1には遺憾の意を表明した大統領ですが、今のところ同性婚の問題そのものに関しては明言を避けています。

どうせホモフォブの保守派は民主党の議員、ましてや大統領には絶対投票しないんだから、この際、

「再選のあかつきには平等の権利を保障し、LGBTに対する差別やハラスメントの撤廃を目指す。」

くらいなことは言って欲しいですね!

そしてこちら↓が、 UKのガーディアンに載っていた、アメリカの州ごとのゲイライツ事情。
315us_gayrights
画像クリックで大きくなります^^

地区ごと、そして州ごとに分かれたゲイライツのカテゴリーごとの分かりやすいまとめ。

円の外側から、結婚、病院での面会権、養子縁組、雇用、賃貸、ヘイトクライム、学校。

色が濃いとNYのように真っ赤で同性婚が合法の州となります。

ちなみにカリフォルニアは円の内側から、学校で性的指向やジェンダーに基づく苛めや差別を禁じ、LGBTを対象とした犯罪をヘイトクライムと定め、性的指向やジェンダーに基づく賃貸そして雇用上の差別を禁じ、同性カプの養子縁組を許可し、同性パートナーの病院での面接権を認めるという、ほぼ完璧な法律上のプロテクションがありながら…

Prop 8によって、同性婚だけは州憲法により禁止されています;

でもドメスティック・パートナーシップは認められているため、中途半端なピンクの縞々模様に…。

エリアごとに見ると、やはりイーストコースト、北東部はゲイライツに強いですね。とてもカラフル♪

それに比べて、南部はほとんど色が無い状態…;;

アメリカは見事に分断された国だというのがよくわかります。

この引き裂かれた国を、それでも纏めていかなければいけないというのに、保守派は頑ななまでに一切の歩み寄りを拒んでいる状況で、これでもしオバマ大統領が再選されなかったら、一体どうなることやら…(;´ρ`)

今年の選挙は4年前より更に大事かもですので、また自分の一票を大切に、よく考えて投票したいと思いますvv


追記:
まるで私の声が聞こえたかのように(笑)、今日になってオバマ大統領がABCニュースのインタビューで同性婚支持を表明されました。

" I've just concluded that for me personally it is important for me to go ahead and affirm that I think same-sex couples should be able to get married…”

「同性のカップルが結婚できるようになるべきだと私が思っていることを、確認することが個人的に大切だという結論に達した。」

という非常に微妙な言い回しではありますが、選挙を控えたアメリカ大統領が「個人的」であれ何であれ、政治的リスクを計算したうえで同性婚支持を表明されたことは、アメリカのこれからを占う上でとても大きなステップだと思いましたvv

スポンサーサイト

タグ : ゲイ レズビアン 同性婚 禁止 ノース・カロライナ

2012/05/08 21:45 | ゲイ婚COMMENT(4)TRACKBACK(1)  TOP

コメント

南東部…

蛍さん、こんにちは
ニュースを見て飛んできました。
オバマ大統領が同性婚支持を表明しましたね!

男女であっても結婚していないカップルから
ノースカロライナの人はちゃんとよく解って投票したんでしょうか? 自らの首を絞めるような真似までして拒否するなんて… この地域は宗教の影響が強いところなんだろうか?

表を見てびっくりです。北東と南東でここまで綺麗に支持と反対に分かれてるなんて(゚д゚)! 以前の地図を見た時も思いましたが、サンフランシスコのせいか南西部ってもっと開けた印象がありましたが、そうでもなかったことにも驚きです。
逆に北東部で唯一殆ど真っ白のPAっていう州(ペンシルベニア州?)も、どういうところなんだ?と思いました。
オバマ大統領が再選されるといいです。しかし、本当これだけ真っ二つに別れた国をひとつにしないといけない大統領、その大変さは計り知れません。

No:2072 2012/05/09 14:14 | Yuuki #wEbt72a6 URL [ 編集 ]

Yuukiさん、こんばんは

こんばんは~
サッサと同性婚支持を表明すればいいのに!
と言った私の舌の根も乾かぬうちに…w
これが戦略的にも賢いステップであることを祈りますvv

ノースカロライナもやっぱり保守層の強いところなんでしょうね。
(正直、私も場所すら調べないとどこだったかな?な感じでよくわからな…;)
余りにも酷い法案なので、少なくとももっと僅差でなかなか結果が出ないかと思っていたんですが、残念です;
もう既に同性婚を禁止する法律があるわけだから、ここまでする意味が分からないですよね!

ほんと綺麗に分かれますよねー。
同性婚だけだと合法な州の方が少ないのでさほどでもないですけど、その他のゲイライツを全て入れるとこうなるのかと思いました。
贅沢を言えば、人口の割合に応じてパイの大きさを変えてくれれば、もっと分かりやすかったかな、と…(^^

ペンシルバニア出身の知り合いによると、あの辺りでは「後進的」なことで有名な州みたいです。
でもほんとなぜなんでしょうね?

オバマ大統領が再選されても、この国を纏め上げるのは生半可な力では難しいと思いますが、少しでも良い方向に進むように、少なくとも後退しないように踏みとどまって欲しいです。

No:2073 2012/05/09 20:42 | 蛍 #- URL [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No:2074 2012/05/11 21:49 | # [ 編集 ]

秘密のコメ様へ

なんかやっぱり副大統領が先に言っちゃったことで
立場をはっきりさせろっていうプレッシャーがあったみたいです^^

そうですよねー。
男女だと事実婚とか内縁の妻っていう言葉ありますよね。
同性だとなんでそれが何もなくなってしまうのか…。

その方の場合はご家族が協力的で良かったですけど
そうでなかったらと思うとゾッとしますよね。
これから先のこともあるし…。

そんな心配せずに、大切な時に大切な人のケアが出来るようになって欲しいです。

No:2075 2012/05/13 21:07 | 蛍 #- URL [ 編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

2012/05/10 | まとめwoネタ速neo |

まとめtyaiました【アメリカの州ごとのゲイライツ】

ノース・カロライナが今日の州民投票で、州憲法によって同性婚を禁止するアメリカで30番目の州になりました。 これまでにも州民投票、つまり多数決でゲイライツが勝利したためしはありませんが、ノース・カロライナは60%以上が同性婚禁止に票を投じたということで、?...

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。