スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

良質のたんぱく質

今日は祥平の年と博士号について書くはずだったんですけど…

この医学研究に思わず大笑いしてしまったので、先にこっちを書かせて頂きます。

いや、笑うような研究じゃなくて、大真面目な話でした。Sydney IVFの産婦人科のお医者様、David Greening先生がAmerican Society for Reproductive Medicineの学会で発表なさったばかりの研究成果。

IVFっていうのはIn vitro fertilization、体外受精のことです。

不妊治療を行ってるシドニーのクリニックのお医者様の研究だから、真面目な話ではあるんです。

この研究のポイントは…

精子はセックスすればするほど質が良くなる。

溜め込んだ方が、量が多くなって良さそうに思えるのは間違いで、量だけ増えても質は落ちるんだそうです。

ニュースの記事を途中ちょっと訳してみますね。

“精子を出さないで溜めておくと、量は増えても質が落ちるので結果が伴わない。睾丸で作られる精子は、睾丸の上部の精巣上体部に蓄積されるが、長く貯蔵されればされるほど、体内のフリーラジカルに晒されてダメージを受ける。定期的に射精することによって、貯蔵された精子を空にでき、新しく作られた質の高い精子が出易くなる。”

だそうです。

つまり「溜めると濃い」っていうBL的常識(?)が覆されたわけですね(笑)

でも濃いのは濃いのかな?質が良くないだけで?

笑っちゃいけないのに笑ってしまうよ~。

フリーラジカルっていうのは、活性酸素のうち、スパーオキシドとヒドロキシルラジカルのことだそうです。1個の不対電子を有し、フリーラジカルとして、他の分子から電子を奪って、酸化させる。だから老化とか、癌の原因になるわけですね。

当然精子もダメージを受ける。

何でも長く溜めれば良いってもんじゃないのね。元気よく泳ぐ(?)精子君達を作るためには、BL鬼畜マンガ並みにやりまくるしかない!?

子供を作るには一杯セックスするのが一番。そうじゃなくても一杯した方がベター。

大変素晴らしい、皆の役に立つ研究結果でした(^_^)

『もしこの記事が面白いと思って頂けたら、プチッと拍手して頂ければ喜びます。ついでにランキングのボタンをプチプチ押して頂けたら、ますます嬉しい…thks! 』

にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ

スポンサーサイト

タグ : BL

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。