スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

オーガズムを返して

すみません、変なタイトルで(汗)

アメリカは建前としては、男女同権で、法律ももちろんそうなってるし、職場でも女性だからって差別されないはずなんですけど…

現実には、同じレベルの仕事に就いている女性は、男性の75%のサラリーしか貰っていないっていう結果が出てます。

今回はソシオロジー、社会学の教授が、オーガズムに関しても、男女で差があるかどうか、っていう統計結果を発表しました。

またですか?

またですね。

ほんっとに、こういうセックス関連の研究、大好きなんですね。

私じゃなくて、高い給料貰ってる大学教授が、です。

“The orgasm gap is worse than the sex gap in pay,” says Sociology Prof. Paula England

「オーガズムの差は、給料の差よりも酷い。」と、社会学のポーラ・イングランド教授。

この人はスタンフォードの教授らしいんですけど、自分の大学の学生を始め、他にも全部で5つの大学の学生を対象に調べたところ、男子学生と女子学生がした場合、男の方は44%オーガズムを得られるのに、女の子は19%しかオーガズムに達しなかったとか。

どうしてこうなるか更に調べた結果(笑)、男はフェラして貰ってもお返しにクンニ(でいいんですよね?)してあげないけど、女の子は自分だけしてもらうのが申し訳なくて、必ずお返しするからだそうです。

で、インターコースを含むセックスの場合、女の子は25%くらいの確立でしかオーガズムを経験しないのに、60%の男の子が、女の子もちゃんとオーガズムを経験してると思ってるとか。

この背景には、97%の男の子がオxニーをしてるけど、女の子は60%くらいしか自慰を経験してなくて、そもそもオーガズムというのが何か良く分かってないっていう問題があるそう。

ギャハハハハッ!

ごめんなさいっ(汗)

悩んでる人は悩んでるのかもしれないけど、こういう話を真剣に「研究」されるたびに…

ついつい笑ってしまう(^_^;)

そもそも男が44%しかイッてないってことは、統計の56%の場合、セックスしてないってことですよね?

違うのか?

だってセックスしてるのに、56%の確立でどっちもイケなかったら、そっちの方が問題?

こういう研究とか統計の結果を読むたびに、もう21世紀なのになーって思っちゃいます。

っていうか、こういう研究結果が出たから何なの?

バイブ付きのウサギちゃんコxクリングでも配って、使い方を教えるとか、そういう前向きな(?)解決方法も提示されていないようだし、結果として何が言いたいのか良く分かりません。

女の子も一杯オxニーしよう!

という結論でもなかったような…

そう言えば、レズビアンのカップルの場合、女の子がイケる確立は62%に跳ね上がるんだそうです。

前から思ってたんですよね、ゲイって幸せな人々だって。

だって同じ道具で勝負(?)すれば、上手くイク確立は高いに決まってる!?

『女の子なら、一度は女の子相手に試してみよう。』

っていうのが、この研究の結論でした。

違うっ!

じゃあ…

『一杯BL読んでオカズにしよう!』

っていうのはどうかな…(汗々)

『もしこの記事が面白いと思って頂けたら、プチッと拍手して頂ければ喜びます。ついでにランキングのボタンをプチプチ押して頂けたら、ますます嬉しい…thks! 』

にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。