スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

女の子のゴム

「ちゃんとゴム付けてね?」

じゃなくて、

「ちゃんとゴム付けたよ。」

って女の子が言う日が来る?

90年代に一度マーケットに登場して以来、まったく使われずに終わった女性用コンドーム。今回、新たなデザインで再登場!

コンドーム


上の二つが新しいデザインで、下の一つは旧型だそうです(すみませんっ。こんなのでっかく貼り付けて。小さいと説明書きが見えないかなって…汗)

新しいデザインは先が細くなっていて、タンポンみたいに入れ易くなってるとか。薄手のポリウレタンも温かさを演出(?)

前回このコンドームを使った女性によれば、「変てこで、見た目が悪くて、うるさくて(!?)、滑る!」だったそうで、今回のニューバージョンは、そんな色んな点が改良されているようです。

見た目の悪さはどうしようもなかったようですが、使ってみると、膣内に入れ易いし、挿入した時も『生』の感じにより近くて、旧型みたいにズレたりしないとか。

テストに参加したカップルによれば、90%が使い易さと使い心地に満足、98%がセックス自体を満足または大変満足って思ったらしい。

これをデザインしたのはPATHっていう非営利団体で、いわゆる発展途上国の医療と健康に力を入れてます。

そう、このコンドームはAIDSを止めるためのとっても真面目なプロダクトなんでした。

(^_^)

それで、まったく知りませんでしたけど、男性用のコンドームっていうのは、アメリカではクラス2の医療器具っていう位置づけなんだそうです。女性用のコンドームはクラス3。

クラス2だと、「破れない」とか、「漏れない」っていう基本的なテストにさえパスすれば、新しい商品としてFDAに認可される。でもクラス3の女性用コンドームは、ちゃんとした治験を通さないと認可されなくて、その費用を出してくれる会社が今のところ見つかっていないとか。

治験に掛かるお金に見合ったセールスが期待できない。

っていうのが理由。

まあねえ…

使いますか、これ?

値段もかなりお高いみたいだし、それなのにやっぱり使い捨て。

発展途上国のカップルだと、男性がコンドームを使ってくれないケースが多くて、それでAIDSが結婚してる女性の間に広がりつつあるとか。

だからこのコンドームってことみたいですけど…

うーん。

アメリカでも日本でも、まず売れそうにないよねー。

コンドームっていう名前が悪いから、intravaginal pouch(膣内ポーチ?)って名前を変えたらどうかっていう提案(即却下;)もあったそうですけど、問題はそこじゃないよね…

(^_^;)

『もしこの記事が面白いと思って頂けたら、プチッと拍手して頂ければ喜びます。ついでにランキングのボタンをプチプチ押して頂けたら、ますます嬉しい…thks! 』

にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ

スポンサーサイト

コメント

コメントのお返事

先進国の逆は発展途上国!そう言えば社会科の時間に習いましたー!御指摘本当に感謝です!!

No:71 2007/11/17 16:21 | 蛍 #- URL [ 編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。