スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

そろそろ投票‐結果追記☆★☆ゲイライツ完全勝利☆★☆

ご存知、今年はアメリカ大統領選挙の年。
324ObamaRomney

投票日は11月6日ですけど、カリフォルニアのabsentee ballot(不在投票)のデッドラインは10月30日の火曜日ということで、いい加減に投票用紙に記入しなくてはです~

追記-接戦になるかと思われましたが、結果はオバマ大統領の大勝利(前回ほどではないですが)に終わりました。おめでとうございます!!

もちろん大統領を選ぶだけなら簡単なんですが、4年に一回の大統領選挙の年には、カリフォルニア州のpropositions(議案?)も一気に州民投票に掛けられるため、それを読んで投票するのが大変なのです^^

4年前はもちろんProp 8という大物があったわけですけど、他にも色々と議案があったのは前回も書いたとおり。(『カウントダウン』)

今年はProp 8ほど注目度の高いものはありませんが、それでもやっぱり難しい!というか、Prop 8は投票自体は簡単だったんですよね。明らかにNoでよかったんだから…。

ともかく前回はブログに書いたおかげでどんな案件があったかかなり記憶しているので、今回も書いておくことにしました^^

前回は12のpropositionに143ページのガイドブックだったようですが、今回は11のpropositionに同じく143ページのガイドブック…。

とても全部は読めませぬっ!!(涙)


とりあえず幾つか上げてみますと…

Prop 30は教育・公立学校のための一時的増税で、所得が$250K(2千2百万円ほど?)を超える人への加増ということで…Yesでしょう♪

知事がCMでProp 30に入れるように呼びかけてたし、まあOKでいいかと思います^^

追記‐Prop 30は私が寝てから(笑)、明け方になってようやく通りました(54%)。


追記‐Prop 32組合の政治力を削ぐための法案は通りませんでした(56.1%)。


Prop 34はカリフォルニア州で死刑を廃止するかどうか…。

色々とご意見はあるかと思いますが、これにもYes票を入れることにします。

被害者の方の立場に立ってみれば、というか自分だっていつかその立場になる可能性があると思えば難しい問題ではありますが、でも死刑の存在自体が犯罪を抑止する力になることはなく、加害者の死で誰かが本当の意味で救われることもまたないと思いますので…。

追記‐Prop 34は残念ながら通りませんでした(53%)。


Prop 35はHuman Trafficking(人身売買)への刑を重くする。反対してる人は、中途半端な法案だから却って危険だって言ってるらしいですけど…。Yes でいいよね?

追記‐Prop 35は無事通りました(81.1%)。これに反対してた奴らって何なの?


Prop 37は遺伝子組み換え食品の表示を義務付けること。

これ、S大の教授がCMに出てきてやたら反対してるんだよねー。モンサント(遺伝子組み換え食品の大手メーカー)辺りから金貰ってるのか?と疑いたくなります><

正直TVでも、これに反対するCM放送が一番多くて、どうやらほんとに食品メーカーが反対キャンペーンのために1日一億とも言われる大金をぶっ込んでるらしいんだよね。(リスト参照

Prop 37に反対する企業のリスト(画像クリックで大きくなるよv)
324Prop37

断固YESだわ!!

追記-残念ながら、大金を投じた企業側のキャンペーンにより、Prop 37は早々に破れました。


それと今年はカリフォルニア以外の州で、同性婚についての州民投票が行われますので、そこにも注目!!


メイン州

2009年に州議会で一度は合法化された同性婚が、その年の11月の選挙で州民投票によって覆されたメイン州。

今年はそのリベンジのために、今度は同性婚を合法化すべく州民投票が行われます。

メイン州にお住まいで投票権のある方はQuestion 1にYesだそうです。

追記‐アメリカで初めて同性婚が投票、つまり多数決によって勝利しました!!

もう時代の流れは変えられない。ゲイライツ、そして基本的人権の勝利におめでとう!!



メリーランド州

今年議会で可決されたばかりの同性婚が州民投票に掛けられます。

Question 6でYesかNoかを決めるそうですので、賛成の方はYesに!

追記‐メインに続いてメリーランドでも同性婚勝利!


ワシントン州

やはり今年議会で可決されたばかりの同性婚が州民投票に掛けられます。

Referendum 74にYes票を!

追記‐メインとメリーランドに続いてワシントン州でも同性婚勝利!


ミネソタ州

こちらは州憲法で同性婚を違憲とするための法案が州民投票に掛けられます。

時代の流れに逆行しすぎだよっ、ミネソタ州!

Amendment 1に反対票をっ!!

追記‐メインとメリーランド、ワシントン州に続いてミネソタで同性婚を違憲とする試みが投票によって否決されました。



もしこれらの選挙で一つでも同性婚が勝てれば、投票=多数決によって婚姻の平等が勝利する最初の例となります。

なので11月6日にはぜひ、これらの州へのお祝いコメントを書きたいものです~

無事にお祝いコメント書けました♪

4つの州の全てでゲイライツが完全勝利。もはやこの流れは止められませんっ!!



そしてウィスコンシン州ではタミー・ボールドウィン下院議員が、今回は上院議員当選を目指します。
324Tammy-Baldwin

彼女が当選すれば、アメリカ初のオープンリーゲイな上院議員の誕生♪

前知事との間の選挙戦はかなりの接戦だそうですが、ぜひ頑張っていただきたいです!!

追記‐彼女の勝利により、アメリカ初のLGBTの上院議員が誕生しました。おめでとうございます!!

彼女はウィスコンシン州選出の下院議員だったのですが、その彼女の上院選出で空いた下院の議席にオープンリーゲイのMark Pocan議員が選出されましたvv

凄いですね、ウィスコンシン~♪


カリフォルニアのディストリクト41からは、オープンリーゲイで民主党のマーク・田中議員が下院を狙います。
324MarkTanaka
もし当選されたら、アメリカ初のオープンリーゲイで人種的マイノリティの議員の誕生ということになります。

マーク・タカノ議員も当選されました!!おめでとうございますvv


他にも各州でまだまだLGBTの議員さんが当選目指して頑張っておられますので、応援したいですねv


追記‐ゲイライツにとっては本当に記念すべき素晴らしい選挙結果となりました。

4年前、オバマ大統領圧勝の陰で、まさかと思っていたProp 8が通ってしまったことに大ショックだったことを思うと、本当に感慨深いものがあります。

オバマ大統領が勝利演説で、アメリカの強さは豊かさでも軍事力でもない、“diversity”こそがアメリカの強さであり、人種や文化、性的指向を問わず、あらゆる人がお互いをサポートし合う、その絆こそがアメリカを強くするののだと述べられていましたが、まさしくアメリカ市民がそれに賛同していることを示す選挙結果となりました。

コロラドとワシントン州では大麻が合法化。オレゴンでも同様の法案が投票に掛けられましたが、こちらは負けそうだということです。

レイプによる妊娠での中絶に反対していた議員達は落選しましたし、全体としてはアメリカの今後に希望が持てる選挙結果でしたvv




(カナダで地震があったり、ハリケーンが東海岸上陸とか大変なことになってますが、サンフランシスコ近辺はお天気も良くてナイスな週末。しかもSFジャイアンツが4試合連続勝利でワールドシリーズ優勝を決めて、地元は大変な盛り上がりです♪野球に興味がない私も、つい見ちゃいました~優勝おめでとう☆)

タグ : ゲイ レズビアン 同性婚 カリフォルニア

2012/10/28 21:26 | ゲイ婚COMMENT(12)TRACKBACK(1)  TOP

民主党のマニフェスト

何もここまで紛らわしいタイトルをつけなくてもよさそうなものですが…汗

英語だと“Democratic Party Platform”、正確には「米民主党綱領案」と訳す、今後4年間の党の政策方針を明記した文書で、米民主党が正式に同性婚支持を党の方針とすることを明らかにしましたvv

(だから民主党のマニフェスト…で、いいんですよね?汗)

今年11月の大統領選挙に向け、先週の共和党大会に続いて今日スタートした民主党大会ですが、その開始に先立って党が採択する「綱領案」が公表され、その中で二大政党として初めて、同性婚、平等の権利への支持を明確にしています。

今夜の民主党大会ではミシェル・オバマ夫人もそのスピーチで、「愛する人と祭壇の前で誓いを述べる」権利について情熱的に語っていました☆

ネットに載っている彼女のスピーチの原稿にはその部分が見当たらないので、ひょっとしたら彼女自身が自分で付け加えたのかも?

もし動画が見られるようならぜひチェックしてみて下さい。旦那もスピーチが上手な人ですけど、久々に感動的な素晴らしいスピーチでしたvv

ファッションも固すぎず、親しみやすいのにゴージャス、そして可愛くてとっても良かったです~♪
321Michelle-Obama-DNC

これで民主党は同性婚に反対の立場を貫く共和党とは、真っ向から対立することになりますね…。

もちろん、「レイプでは妊娠しない」という議員までいる共和党に対し、民主党は「女性の選ぶ権利」を支持。富裕層への減税を掲げる共和党に、富裕層への増税を図る民主党と、あらゆる面でその違いを明らかにしています。

別に民主党の回し者というわけじゃないですが(汗)、こうなると何としてもオバマ大統領に再選を果たしてもらいたいです!!

タグ : ゲイ 同性婚 レズビアン

2012/09/04 21:06 | ゲイ婚COMMENT(7)TRACKBACK(0)  TOP

アメリカの州ごとのゲイライツ

ノース・カロライナが今日の州民投票で、州憲法によって同性婚を禁止するアメリカで30番目の州になりました。
315amendment1

これまでにも州民投票、つまり多数決でゲイライツが勝利したためしはありませんが、ノース・カロライナは60%以上が同性婚禁止に票を投じたということで、結果が出るのが早かったですね;

アメンドメント1というこの条例が通ったことで、もうすでにノース・カロライナには同性婚を禁じる法律がありながら、州憲法でも同性婚を禁じることが明記され、さらにはシビル・ユニオンやドメスティック・パートナーシップ等の事実婚も禁じる、という徹底したゲイライツの剥奪がなされることになります。

男女であっても結婚していないカップルから、財産分与の権利、パートナーのために入院その他の手続き・決定を行う権利、等々の基本的な権利を奪うことにもなり、この結果、様々な訴訟が起こる可能性があると言われています。

コロラドではシビル・ユニオンを合法化しようとしていますが、共和党の議員によってブロックされている状態だとか…。

相変わらず平等の権利に関しては亀の歩みのアメリカですが、副大統領のジョー・バイデンが一昨日、同性婚を全面的に支持すると発言したことによって、オバマ大統領自身にも同性婚支持を表明するようプレッシャーが高まっています。



“Look, I am Vice President of the United States of America. The president sets the policy. I am absolutely comfortable with the fact that men marrying men, women marrying women and heterosexual men marrying women are entitled to the same exact rights. All the civil rights, all the civil liberties. And quite frankly I don’t see much of a distinction beyond that.”

「自分はアメリカ合衆国の副大統領で、政策を決めるのは大統領だ。自分としては男同士、女同士、男女間の結婚に同等の権利が与えられるべきだということに全く問題を感じないし、全ての公民権そして人権が与えられるべきだと思う。正直言って、それ以外に差があるとは思えないね。」

普段はほとんど存在感のない(汗)副大統領ではありますが、このきっぱりしたステートメントはかなりニュースになりました。

とはいえ、再選されなければ元も子もないというわけか、ノース・カロライナのアメンドメント1には遺憾の意を表明した大統領ですが、今のところ同性婚の問題そのものに関しては明言を避けています。

どうせホモフォブの保守派は民主党の議員、ましてや大統領には絶対投票しないんだから、この際、

「再選のあかつきには平等の権利を保障し、LGBTに対する差別やハラスメントの撤廃を目指す。」

くらいなことは言って欲しいですね!

そしてこちら↓が、 UKのガーディアンに載っていた、アメリカの州ごとのゲイライツ事情。
315us_gayrights
画像クリックで大きくなります^^

地区ごと、そして州ごとに分かれたゲイライツのカテゴリーごとの分かりやすいまとめ。

円の外側から、結婚、病院での面会権、養子縁組、雇用、賃貸、ヘイトクライム、学校。

色が濃いとNYのように真っ赤で同性婚が合法の州となります。

ちなみにカリフォルニアは円の内側から、学校で性的指向やジェンダーに基づく苛めや差別を禁じ、LGBTを対象とした犯罪をヘイトクライムと定め、性的指向やジェンダーに基づく賃貸そして雇用上の差別を禁じ、同性カプの養子縁組を許可し、同性パートナーの病院での面接権を認めるという、ほぼ完璧な法律上のプロテクションがありながら…

Prop 8によって、同性婚だけは州憲法により禁止されています;

でもドメスティック・パートナーシップは認められているため、中途半端なピンクの縞々模様に…。

エリアごとに見ると、やはりイーストコースト、北東部はゲイライツに強いですね。とてもカラフル♪

それに比べて、南部はほとんど色が無い状態…;;

アメリカは見事に分断された国だというのがよくわかります。

この引き裂かれた国を、それでも纏めていかなければいけないというのに、保守派は頑ななまでに一切の歩み寄りを拒んでいる状況で、これでもしオバマ大統領が再選されなかったら、一体どうなることやら…(;´ρ`)

今年の選挙は4年前より更に大事かもですので、また自分の一票を大切に、よく考えて投票したいと思いますvv


追記:
まるで私の声が聞こえたかのように(笑)、今日になってオバマ大統領がABCニュースのインタビューで同性婚支持を表明されました。

" I've just concluded that for me personally it is important for me to go ahead and affirm that I think same-sex couples should be able to get married…”

「同性のカップルが結婚できるようになるべきだと私が思っていることを、確認することが個人的に大切だという結論に達した。」

という非常に微妙な言い回しではありますが、選挙を控えたアメリカ大統領が「個人的」であれ何であれ、政治的リスクを計算したうえで同性婚支持を表明されたことは、アメリカのこれからを占う上でとても大きなステップだと思いましたvv

タグ : ゲイ レズビアン 同性婚 禁止 ノース・カロライナ

2012/05/08 21:45 | ゲイ婚COMMENT(4)TRACKBACK(1)  TOP

祝☆メリーランド州

先週メリーランド州の下院を通過した法案に、今日オマーリー州知事(↓中央)がサインし、メリーランド州が同性婚を合法化した全米8番目の州になりました。
311Maryland



メリーラドのニックネームは“Free State”だそうですが、そのあだ名に相応しく、結婚の自由と平等が保障されたことになりますねvv

残念ながら、ヘイトグループ、つまり同性婚に反対する連中は11月の州民投票によってこの法案を覆そうとしていて、果たしてその結果がどうなるか気になるところです。

ニュージャージー州では、せっかく州議会を通過した同性婚を認める法案をクリスティ知事が拒否権を発動して潰してしまいましたが、州民の過半数以上が同性婚を支持しているという調査結果が出ていることから、逆に州民投票で同性婚を合法化しようという動きがあるとか。

もし州民投票で同性婚支持派が勝てば、全米初の快挙!

実際に投票が行われるとしたら、こちらも目が離せません。

第9巡回控訴裁判所によって違憲であるとされたカリフォルニアのProp 8ですが、Prop 8を支持するヘイトグループはその後最高裁に控訴するのではなく、第9巡回控訴裁判所で再び審議を行うよう要請しています。

2度目の審議は11人の判事で行われることになりますが、サンフランシスコにある第9巡回控訴裁判所はリベラルであることで知られているので再審でもProp 8が違憲とされる可能性は高く、最高裁に直接控訴することも可能だったのに、わざわざ負ける確立の高い方を選んだ同性婚反対派の真意がどこにあるのか疑問…。

きっとこの人達にとっては、特定のマイノリティへの憎しみを煽り続けることが仕事で、どっちにしても余り早く結論を出したくないんだろうな。というか、これで食べてるわけなんだろうと思います。

害虫以下ですね、まさしく。

ちなみにProp 8を支持している連中と、メリーランド州でこれから州民投票のためのサインを集めて同性婚を潰そうとしている連中は、同じヘイトグループ、National Organization for Marriage(NOM)の仲間。

NOMだからノミと覚えておけばOKです。…ってノミがかわいそうか…w


今年の11月の選挙はご存知大統領選も行われますが、憎しみを煽る害虫といえば、GOPつまり共和党予備選の候補達のディベートも、聞いてて正気を疑いたくなる酷さです。

リック・サントーラムというティーパーティに支持された超保守派が支持を集めていますが、彼と他の候補数人は、Prop 8を違憲とした第9巡回控訴裁判所を廃止すべきだ、と騒いでいました。

こんなのが大統領になった日には、この国の司法制度すら脅かされてしまうということで、今年もちゃんと選挙に行かなくてはです!!

最後は例によって、最新の同性婚マップ。
311Gay Marriage Map
青はもちろん同性婚が合法化されている州(ニューヨーク、コネティカット、マサチューセッツ、ニューハンプシャー、バーモント、アイオワ、ワシントン州そしてメリーランド)で、赤は逆に同性婚が州憲法等で禁止されている州。(首都ワシントンでも同性婚は合法。)チカチカする縞々はカリフォルニアのように、ドメスティックパートナーシップ等の同性カプを守る法律がありながら、州憲法などにより同性婚が違法とされている州。

今年はイリノイ州でも同性婚を合法化する法案が提出されていますし、全米で5番目に人口の多いイリノイで同性婚が合法化されれば、かなりの影響があると思われます。

もちろん全米の人口の約12%を占めるカリフォルニアも頑張らなくては!

ちなみに全米で2番目に人口が多い州はテキサスですが、同性婚に関しては期待してもムダかと…まずないだろうな、テキサス…(^^;

タグ : ゲイ レズビアン 同性婚 結婚 メリーランド

2012/03/01 21:50 | ゲイ婚COMMENT(4)TRACKBACK(23)  TOP

祝☆ワシントン州

先週ワシントン州の下院を通過した法案に、今日、グレゴア州知事がサインし、ワシントン州が同性婚を合法化した全米7番目の州になりました。
310washington state

先週はカリフォルニアの恥、H8が連邦控訴裁判所によって違憲であると断定され、シカゴのあるイリノイ州では、同性婚を合法化するための法案が議会に提出されました。今日はニュージャージー州の上院で、同性婚合法化のための法案が通ったそうです。

メイン州では、一度合法化された同性婚を州民投票で覆されていますが、今年11月の選挙でもう一度、同性婚の是非を投票に掛けることを検討しているそう。

もうこの動きは誰にも止められないって感じですねvv


例によって、最新の同性婚マップも。
310same sex marriage map

青はもちろん同性婚が合法化されている州(ニューヨーク、コネティカット、マサチューセッツ、ニューハンプシャー、バーモント、アイオワ、そしてワシントン州)で、赤は逆に同性婚が州憲法等で禁止されている州。(ちなみに首都ワシントンでも同性婚は合法。)

チカチカする縞々はカリフォルニアのように、ドメスティックパートナーシップ等の同性カプを守る法律がありながら、州憲法などにより同性婚が違法とされているめんどくさい州ですね(泣)

早くカリフォルニアもすっきりと青くなって欲しいものです!

というかアメリカ全国、いやもう世界中全部青くなれっ!!

タグ : ゲイ レズビアン 同性婚 結婚 ワシントン州

2012/02/13 21:10 | ゲイ婚COMMENT(2)TRACKBACK(0)  TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。